事業の説明

都山流は明治末期から大正、昭和にかけてめざましい隆盛を遂げました。門人の増加に伴い、流祖は流の運営にもいろいろと斬新な工夫を重ね組織化することを試みました。

二代宗家の時代になり、全国に広がった組織の更なる活動を図るため法人化の検討がなされ、昭和40年(1965)、京都に本部を置く「財団法人都山流尺八楽会」が文部省より認可されました。

以後、都山流は「芸」の中心である宗家と「事業」の主体である楽会の有機的な連携により運営されています。その後、公益法人制度改革により、平成23年(2011)、楽会は内閣府所管の「公益財団法人都山流尺八楽会」として認定され、今日に至っています。

現在、四代宗家中尾都山を当法人の総裁として推戴し、様々な公益目的事業を精力的に展開しています。また、都山流の教授資格を持つ所属楽会員(師匠・正会員)は現在約4,000名に及び、全国各地で都山流尺八楽の普及活動を行っています。

事業区分図

公益目的事業

その他の事業